読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今秋、自担が舞台の上で音楽家になるそうです。

照史くん、舞台出演決定おめでとう!

昨日(3/13)、舞台『アマデウス』に、桐山照史くんがモーツァルト役として出演することが発表されました。

 

「才能溢れる部分と、猥雑で破天荒な部分の両面を表現できる俳優」…素敵なオファーのされ方。
応援している身として、本当に嬉しい!各所から認められてるんだなって改めて感じました。エゴかもしれないけど「この人応援してて良かった」って心の底から思えて、ファン生活過ごしてきた中でこんなに嬉しかったことはないってくらい幸せ。*1

 


ブラッドブラザーズ以来となる舞台。
「ジャニーズとして初めて」「松本幸四郎さん主演で」「江守徹さん、市川染五郎さん、武田真治さんが歴代演じてきた」役。

パッと並べただけでも
周りからの期待はもちろん、プレッシャー、たくさん乗り越えなければな壁が(ピアノとか伝統的な舞台にジャニーズがみたいな野次ね)あることは想像に難くない。
でもね。照史くんなら、その壁、絶対超えてくれるし、なんなら壊しながら進み続けてくれるって100%信頼できちゃうんだな。実力者!すき!笑

 

バラバラな客層なお客さん。そのひとたちの心を掴んで離してくれないんだろうな。色んなところにファン増えるね(大泣き)
そんなモーツァルトが数ヶ月後に見られること、心待ちにしています。

 

静岡で「おめでとう」伝えられたらいいな!

 

最後にインタビューを引用させていただきます。照史くん顔晴って!!*2*3

 

お話をいただいた時、モーツァルトとは見た目も生き方も全然違うので「本当にモーツァルト役が僕で大丈夫ですか?」と聞いてしまったぐらいビックリしました。 大先輩の松本幸四郎さんとご一緒出来る事に喜びと不安、焦りとそして楽しみと…色々な感情でいっぱいですが、一日も早く幸四郎さんの演出を受けて多くの事を学ばせていただきたいです。
1982年から続いている舞台『アマデウス』の伝統を守りつつ、この舞台を観てくださる全ての皆様に「桐山が入った事によって新しい風が吹いた!」と言って頂ける様に、破天荒でヤンチャで明るいがどこかに闇を抱えるモーツァルトを精一杯演じたいと思います。

 

*1:24コンは除く

*2:幸四郎さんに呆れられない程度に、音楽の知識も身につけてね!

*3: http://www.shochiku.co.jp/play/others/schedule/2017/10/_1_173.php#tab02