音楽劇マリウス ストーリーと感想編

想いは、事実は、本人しか知らないいきさつは。大切な相手へ伝えないと、その相手は何も知ることはできない。たとえ、それが壁1枚で区切られているだけの空間だとしても。毎日顔を合わせている人たちであっても。あるいは一緒に暮らしている家族や、想い合っている男女であったとしても。そんな当たり前のことを、まざまざと突き付けられた。


音楽劇マリウス。
自担の初単独主演舞台。 大阪へ2回遠征。初日・3日目、千穐楽前日・楽日と計4日、山田洋二監督が描く1931年のフランス・マルセーユへ旅してきました。

個人的前半・後半の間に、原作を同一のものとして映画化されている「ファニー」を見たこともあり、終演後に抱いた感想が全く違いました。その点にも触れながら、この記事ではあらすじと感想を残しておけたらいいなと思います。ネタバレでしかないので、将来再演、なんて奇跡が起きた時、観劇前にこの記事を見つけた方はご注意下さい。あと、この記事1万字超えてしまいました。ので本当に時間がある方だけ、、いやでもマリウスの話はみんなに知ってほしいから途中まで…笑





最初に。正直、ストーリー自体を、最後の最後まで好きになることはできませんでした。初回こそ、悲しくて切なくてやるせなくて、1幕の途中からずーっと泣いていたけれど。 段々冷静になって観ると、誰にも共感しきれないし、ハッピーエンドでもない(と私は思っている)し、マリウスはクズだし、ファニーは一人で大人ぶっちゃってるし、結局パニスは金にモノ言わせてしまっているし、セザールも不本意ながら息子を送り出さないといけないし、坊やも坊やで周りの大人に複雑な思いを抱かせているとも知らず生きていかなくちゃいけない訳で…

それでも、この舞台が大好きだったと胸を張って言えます。主演の方がかっこよすぎた点については一旦置いておくとして。笑  照史くんが何度も口にしていたように「カンパニーの皆さんが醸し出す」温かな雰囲気が大好きだったから。美しい景色の中、のんびり時間が流れて、その日その日を楽しむエッセンスとしての会話や噂話が大好きなマルセーユの人々が大好きだったから。お話自体をうまく消化することはできないけど、何度でもあの空気感に触れていたかったから。劇中に流れる音楽の数々が、心にスーっと入り込んでくる感覚が恋しく感じるから。

舞台期間の折り返し地点で、私自身が昔住んでいた地域で大きな地震があって。色々と大変な思いをしている人たちがいる中、余震の不安もある中で大阪へ向かうことに対して迷いはかなりあったけれど、きちんと見届けることができて、2回遠征した価値も間違いなくあったなぁ。



大まかなストーリー。所々、私の口が悪いツッコミが入りますがご容赦下さい…

24歳のマリウス(父子家庭)、19歳のファニー(母子家庭)。幼馴染で、周りの大人たちも、2人が結婚するものだと昔から信じ切っていた。マリウスが20歳になったら、くっつくものだと。
もちろん当の本人たちも、お互いを好きあっている。の に 想いを伝えられず。というのも、ファニーはマリウスの気持ちを本人から聞きたかったから。他方のマリウスには、“船乗りになりたい”という夢があったから。カフェ・バーを営む父の跡取りになって、食事を提供するだけの人生だと思うと、涙が出るほどゾっとする時がある。インドとかアメリカとか、どこか遠くへ行って広い世界を見てみたい。…そんな船乗りになると、何年も家庭には帰って来られない。それは所帯持ちとしてはあるまじき姿。だから、船乗りになりたいという夢のことは心に秘め、「ファニーに惚れるのはやめた、俺は女房を持っちゃいけない」という覚悟をファニーに伝える。神父さんになるの?というファニーの問いか けに首を横に振り、大事なところを伝えないマリウス。
船乗りの話をしたら、ファニーに“私と海どっちを取るの?!”って言われるし、それ言われたら自分の心が揺らぐの分かってるもんね。ファニーを後妻にしようとプロポーズした55歳の大金持ちじじい(パニス)に焼きもちを妬いて、思いっきり水をぶっかけるもんね。
それだけ好きなファニーへの想いを断ち切って、海へ向かおうとするマリウスの覚悟をガラガラと崩壊させたのは、他でもない、ファニー自身。パニスのプロポーズは断った」・「あなたの妻になりたいの」・「あなたがいなくなったら私はおしまいよ」・「私のこと好きなんでしょ?私があなたを好きなように」・「何にも分かってないのね、私が目を覚ましてあげる」「それでも覚めなかったら、船乗りになればいい。私は子供を育てながらあなたの帰りを待つわ」と畳みかけるようにマリウスへ迫る。その直前に、憧れの帆船*1の乗組員として乗船できることが決まっていたにも関わらず、ファニーの熱烈な愛を受け、その帆船へ乗る想いを断ち切る。 大好きな女の子に告白されて、迫られて、我慢できるわけないよ24の血気盛んな男性だもの…というわけでそのままキスしてベッドイン(しかも自分の家にいたのに、ファニー家にたまたま在宅者がいないからとファニー宅に行くという)。

翌日*2通い妻ならぬ通い彼氏していたのがバレるマリウス。ファニー宅のダイニングにベルトを忘れるという大失態を犯したから(あほ)。それを見つけたファニー母(オノリーヌ)、マリウス父(セザール)にどうしようと泣きつく。セザールは「2週間後には結婚して式挙げてるようにしておくから安心しろ」とオノリーヌに言い、マリウスにも「ファニーの貞操を弄ぶようなことがあったら父ちゃん許さんぞ」と釘を刺す。観念したマリウスは、完全にファニーへプロポーズする気満々。
ファニーも別のところで、オノリーヌに夜のことがバレたことを知り、マリウスへ「見つかった」伝える。マリウス自身は「見せつけてやればいい、オノリーヌのところへ話に行こう」と言う。*3

すると、それを拒むファニー。ファニーは、自分がここマルセーユにマリウスを縛り付けることで、彼が不幸になるのは見たくない・「あなたに抱かれる前、私は子どもだった。でも今は世界が違って見える。今は離れたどこかであなたが幸せになっていると思うほうがいいわ」とマリウスへ伝える。 ファニーのためだけに、帆船への乗船権を手放そうとしていたマリウスは、「俺に惚れてるなら、力いっぱい抱きしめて、ここで俺を繋ぎ止めてくれよ」・「お前が一言二言、余計なことを言うと、今すぐここから飛び出しそうなんだ」と懇願する。「俺がいなくなったらお前はどうするんだよ」と聞くマリウスに、「私には私のつもりがある」と金持ちパニスとの結婚を仄めかすファニー。「プロポーズを撥ねつけたって言うのは嘘だったんだ…」とショックを隠せないマリウスに対し、ファニーは追い討ちをかけるように「惚れた腫れただけが人生じゃない」なんて、昨晩*4とは真逆のことを言う。 その発言に怒りが噴火!キャパオーバー!なマリウスは「俺は海と結婚する、お前はパニスの金庫と結婚する、そのほうが良いんだろ」とファニーに言い捨て、ファニーもそれを肯定し*5、彼女を一度抱きしめ(お互い好きなんじゃんバーカ)、憧れの船へ、逃げるように乗り込む。片親で育ててくれたお父さんに別れの挨拶も無しに。



2か月後。マリウスからの手紙がセザールの元へ届く。強がりながらも、息子の生存が確認できた父は安堵の表情を隠せない。そんな穏やかな気持ちも束の間、ファニーの妊娠が発覚する。親はもちろんマリウス。今の季節は秋。3月には赤ちゃんが生まれると。結婚していない娘から子供が生まれるなんて恥でしかない*6から、誰かと結婚させなければ、という話に。そんな中、白羽の矢が立ったのは、あろうことにか例の金持ちじじいパニス
一方で、インド洋のアデン湾から手紙を送ったマリウス。フランスまでその手紙が届くには1か月程度かかるとのこと、つまり出港後1か月後に書いた手紙ということ。その手紙には、父への謝罪の言葉と、今自分はこんなものを見てとても幸せです、と船上での生活に対して前向きな言葉が綴られていた。それを読むセザール。そして自分に手紙が届かないから、セザールへの手紙を読ませてもらったファニー。そんな2人の気持ちは…セザール「俺たち2人を捨てて*7あいつだけ良い思いしやがって。ファニーが今どんな気持ちでいるか…」。ファニー「いいのよあの人の幸せが私の幸せなの」。 実は、その手紙とは裏腹に、寂しくてファニーに会いたくて仕方がなかったマリウス。でも、ファニーが別れのときに言った言葉を信じているマリウスは、“パニスと一緒になるのを邪魔したくなかった”から、ファニーに手紙を送れない。(バカか。)

月日は経ち、1年半後。シドニーで船が故障して時間ができたため、マルセーユに一時帰国したマリウス。セザールが“パニスとファニーが結婚して、子供が生まれた”ことだけは手紙で伝えていたから、祝福の言葉を言いにきたというマリウス。そんなマリウスへ、セザールは「お前がこの街に帰ってくることで不幸になる男が1人いることが分からんのか」・「ファニーにおめでとうだなんて、あの子が2年間どんな思いで生活してきたのか分かってんのか」と怒る。何も知らないマリウスは「久々に帰ってきたのにそんな風に怒るなんて」と悲しむ。そこに、帰ってきたという噂を聞きつけて、マリウスの元へ現れるファニー。

どうして手紙をくれなかったのかとお互いに聞く。ファニーは「あなただってくれなかったじゃないの」、マリウスは前述の理由を伝える。ファニーはマリウスがどこまで話を知っているか聞き、マリウスの子供だという事実を知らないと確認する。「ファニーは幸せなんだろ?」と聞くマリウスに「私は静かに暮らしているつもりよ」とぼやけた答えをするファニー。マリウスが重ねて「静かに、そして幸せに、だろ?」と聞くと、ようやく首を縦に振るファニー。そこへタイミングよく現れるオノリーヌと、ファニーの赤ちゃんを抱いたオノリーヌ妹(クロディーヌ、ファニーのおば)。そしてクロディーヌがうっかり「そっくりだねぇ、お父ちゃんだよ」なんて赤ちゃんにマリウスのこと紹介(?)した ことで、みんなが秘密にしていた事実がバレる。

どうして教えてくれなかったんだ、とファニーへ詰め寄るマリウス。「憧れの海の上で、『子供ができたんだけどどうしよう』なんて貴方が知ったときのことを考えたらたとてもじゃないけど言えなかった」と言うファニー。お互いがお互いのためを思って連絡できなかったことがここになって仇となったことが露呈する。一時帰国のつもりだったけど、事実を知って、ファニーへの気持ちが溢れたマリウスは、ファニーが一度突き放したにも関わらず思い切り抱きしめてキス。「良くないぞ2人とも。この人はパニス夫人だ」と止めに入るセザール。マリウスはそんな父にもどうして教えてくれなかったんだと聞く。俯く父。

そこへパニスが登場。子供の件に関し白を切るつもりのパニスに、マリウスが“お前の子だぁぁぁあん??!?”ばりの勢いで盾突く。知ってたのか、この日が来るのが怖かったと告白するパニス。マリウスは、パニスとファニー次第で今後の生活をどうするか考える、こっちに残っても良いなんて言い出す。パニスは、ファニーはマリウスのこと愛しているから仕方がないとしても、子供だけは勘弁してくれと、マリウスの足元に泣きついて懇願する。

その後、セザールとマリウスが2人きりで話を。「子供は俺のものだ」・「俺は命をやった」と言うマリウスに、めちゃめちゃ叱りつける父セザール。「お前がほしかったのは赤ん坊じゃなく、ファニーだ」・「命は犬だって牛だってやる、赤ん坊から命をお前から引き出したんだ」・「赤ちゃんの体重は生まれてから5キロ増えた、その5キロは情愛だ。ファニーはファニーの分をやった、俺も俺の分はやった、でも一番やったのはパニスだ。情愛は軽いものだ、それが5キロと言ったら…」。それを聞いてもなお、マリウスは「父ちゃんは俺にどうしてほしいんだよ」なんて聞くから、父から1発殴られる。(そりゃそうだ)

殴られ、そしてファニーにパニスは自分の命より子供が大事なの」と言われても、ファニーへ「一緒に行こう、子供はファニーが連れて出れば良い」とか言うマリウス(クズ)。ファニーが「それはできない、あの人は命の恩人なのよ、私を助けてくれたの」・「パニスは、私の気持ちをよく知ってるから、結婚してから体に触ってきたことはないのよ」とマリウスに伝えたことで、ようやく諦めがついたマリウス。ファニーと永遠の愛を誓い、マルセーユを後にする。
『哀れなマリウス、どこに行く』





肉付けを落とすとこんな感じのお話でした。
書き起こして改めて思ったけど、後半のマリウス本当にくそったれだね?甘えん坊だね?なんでこんな男にファニーさん惚れたの…って言っても「様子が良い」から仕方ないですよね、分かります。ていうかあんたたち2人とも、お互いの見た目が好きでしょ、違う?笑


とそんな話はまた改めてするとして 冒頭に書いたように、この物語内の歯車が狂ってしまったところ所以って、素直になれなかったところだと思っています。お互いがお互いを想い合っているがゆえに、気遣いだと思って伝えなかった本当の気持ちが裏目に出てしまって、結局お互いが望んでいるような未来が迎えられなかった。

マリウスが海に飛び出してからでも、マリウスが「海に出られて幸せだけれど、父ちゃんとファニーも恋しいです」と手紙に気持ちを託せれば。ファニーが「喧嘩別れみたいになってしまったけど、素直に言うわね。あなたとの子供ができたの。できることなら帰ってきてほしい」と手紙が書けたなら。セザールが「自分勝手なお前に、こんなこと言うもんかと思ったが。マリウスとファニーの幸せを思って言うぞ。帰って来い。お前の子がファニーのお腹の中にいるぞ」と伝えられたなら。どれか1つでもきっかけとしてあれば、きっとマリウスは即マルセーユに戻って、パニス以上に良いお父さんになれたんだろうなぁ。

キリスト教の世界の話だから、未婚同士で不貞行為をしたことがどれだけ大きな罪に値することかは想像するしかないのだけど。ファニーが「私が抱いてって言ったの。だからマリウスに責任はないのよ、あなたは自由なのって送りだしたの。だから彼を責めないでちょうだい。私、彼を連れ戻して一緒に暮らしたいの。だから連絡させて?それでも彼が帰ってこなかったら、私はこの地域を出ていくわ」くらいのこと言って、飛び出していったマリウスを強引に連れ戻すことだってできたはずな訳で。ていうかその事実を、オノリーヌもセザールも知らないから、「あのバカ野郎が!ファニーを抱き捨てておいて!海に出て!こんちくしょ」ってなるのは当たり前じゃん……半ば無理やり送りだされたマリウ スがあまりにもかわいそう。一回ファニーに引き止められなければ、子どもが生まれることもなく、パニスとファニーが結婚することもなく、「やっぱりファニーが恋しいかーえろっ」て言って帰って来れたかもしれないのに;;;そしたら夢に描いたようなハッピーエンドだったのに;;

ていうか、抱かせておいて、「あの人が世界一好きな女は私よ」ってマリウスの気持ちに確信が持てたから、自分への愛があると信じられたから、無理やり“彼の夢=海”へ送り出せたんでしょ??勝手か???貴女のことが死ぬほど好きだというマリウスの気持ちは汲んであげられないの????「私には私のつもりがある」って突き放したけど、本当は「それでもお前と一緒にいるよ、ファニー」って言ってくれるのを待っていたんだよね?女心ってそんなものだもの。でもそういう気持ちが分からない、言葉の含みなんて分からない男、それがマリウスだっていうのはファニー自身がよく分かっているじゃないの;;;;;泣いちゃう、ばかばか。
あと千穐楽近くでは変わっていたけど、お別れシーンで「私にキスしてくれないの?」あれはないですぜ…さっき!あなたとは無理なのって!言ったじゃないか!よくないじゃないか!

1回目の遠征で観劇した感想、お察しの通りファニーのことが腹立たしくて仕方ありませんでした。最終的には金かー女はしたたかだよなーー。オノリーヌも、結局パニスには金あるし娘も自分も玉の輿だしーーーって。
あと、筋書きの中では触れなかったけれど、パニスが「坊やが咳した」って周りの誰にも聞こえていない咳のことを騒ぎたてる件。あれがどうしても「老化による幻聴」としか捉えられなくて。それを聞いたファニーも「私がどうにかなってしまいそうだわ」なんて言うから、それをマリウスも聞いてしまったから、そりゃ不幸せそうなファニーを連れて出ていきたくなるよねぇ…って思いました。パニスがどうして子供にそこまで執着するのかも分からなくて。若い女の子だったら誰でも良いって感じで、序盤でファニーにプロポーズしてたのではないの…あんたの財力があったら(全財産20億じゃくだらないくらい)、上辺だけ取り繕って愛してるふうを装って子供作ってくれる女いるから……

マリウスも、帰ってきたら父親から突然冷たくされてびっくりしたよね;保護;;みたいな感覚。これは照史くんの表情のせい。かわいいから、かわいそうに思っちゃう。だって誰も自分の子供が生まれてるなんて教えてくれてないじゃんかー?!寂しいばかりの船旅から久々に帰ってきて、父ちゃん元気かな、なんて思ってたらお前が帰ってくるとパニスが不幸になる、だなんてそんな~~~だよね。かわいそうによしよし…



って思っていたんですけど

映画「ファニー」を見たら見方が90度くらい変わりまして。
「ファニー」では、マリウスが船に乗ってしまってから、マリウスとファニーの子どもが生まれるまで、とその子が大きくなった後のことが描かれているんです。この映画をみる予定の方もいると思うので、その方はちょっとここでバックか、色薄くするからその部分飛ばして読んでいただけたら…(TSUTAYAでレンタルできるよ!)




映画で描かれること
・ファニーが、自分からパニスに嫁にしてくれと申し出る。喜ぶパニス。 ・パニスがどうしても子供がほしかったのには理由があった。昔から子供がほしかったけど、奥さんとの間には恵まれなかった*8。 ・自分の家のベランダ部分(外から見える壁の部分)に「PANIS      」と掲げているのだけど、右側にスペースがあるのは「PANIS & SON」とするためだった。そうするためのアルファベットの形をした木材は常に家の中に用意してあった。 ・セザールは最初再婚を反対する。 ・けどパニスたんの経済力に負ける。 ・名づけ親になることで、直接の祖父とは名乗れなくてもいつでも孫に会えるようにしてもらった。名前は「セザール・マリウス・パニス」通称セザリオ。
・ファニー、無事に出産。パニスの親戚が一同に家に集まる。家長さんから「パニス家の血筋が途絶えるところだった、ファニーは天使だ、本当にありがとう」と。そう、パニス家には他にも後継ぎがいなかったようなのである。それを聞いて、諦めと覚悟の表情を見せるファニー。 ・1年後、セザリオの誕生日。仕事に出かけたパニスの家へ、マリウスが訪れる。子供は8か月と聞いていたのに、1歳の誕生日ケーキが部屋にあるのを見つけてしまう。そして自分の子だと気が付く。 ・そこへパニスたまたま帰還。この後のやり取りは大体舞台と一緒
・セザリオの6歳の誕生日。港から少し離れた小高い丘の上に自宅を構えるパニス一家。 ・望遠鏡を誕プレとして渡すセザリオに与える、オノリーヌ。最上階の小窓から海を覗くセザリオ。母・パニス・セザールが部屋に上がってくるときに望遠鏡を隠したあたり、両親は海から遠ざけようとしていたのかな ・セザリオ「セザールの息子、マリウスってどんな人なの?僕も船乗りになりたいんだぁ。大人たいはマリウスの話をすると、決まって咳やくしゃみをしてごまかすけれど。僕会ってみたい!誕生日パーティーに招待しようよ!」 ・一同沈黙 ・セザリオ「お母さんは知ってる?好きだった?」 ファニー「とてもよく知っているわ…」※無邪気セザリオは無罪だけれど、本当に血は争えないですね(号泣) ・誕生日パーティーの準備があるから、とオノリーヌと出かけることになったセザリオ。港に行きたいとせがみ、念願の港付近へ。オノリーヌは以前の店に立って「私の海~~店~~」みたいなこと言って泣くし、こうやって商売したらいいのよとレクチャーを始める。本当はずっと戻りたかったんだろうな。 ・舞台で言うところのピコアゾーに出会ったセザリオ、マリウスのところへ連れてってと頼む ・いたんだよ近くに ・船に乗って、海を横断、船の修理工場?へ。そして再開するマリウスとセザリオ。 ・マリウスが明日アメリカへ行く予定だと告げると、僕も一緒に連れてって!と頼むセザリオ。純粋な目がキラキラしている ・そこへ登場するファニー。「パニスが危篤なの」←セザリオがいなくなったとオノリーヌに聞いて気を失った マリウスが車を出して送ることに。 ・送り届けて帰ろうとするマリウスに、ファニー「あなたのこと探さなかったのは復讐」*9 ・死に際のパニス。マリウスを見てまた気が動転する。けれど、セザールにとある事項の代筆を頼む…

(※ファニーの再婚相手になってくれ。ファニーの最愛の人ならちょうど良いだろう。セザリオに父親になってくれ。セザリオの実父ならなお良いだろう

ここでEND



これを見たら、パニスがどうして息子さんにこだわったのかもよく分かったし*10、最後の対応を見て、ファニーに対する愛というか、幸せにしてあげられる方法も分かっている大人な対応だなぁって。オノリーヌもオノリーヌで、お金を持てたことだけで幸せになれたわけじゃないんだなぁとか。ファニーは割とお金持ちの暮らしに満足していそうな雰囲気ではあったけど。

でも何よりも。映画のマリウスのクズさが目立って。なんだろう、照史くん演じるマリウスより、様子が良くないの。いけめんではあるけど。だから、この話の本質?としての、マリウスのクズさを感じることができました。そのおかげか、個人的後半戦で見たマリウスの感想は「ファニーも自分勝手だけど、マリウスもマリウスでめっちゃクズ」「2人ともまだまだ子供だったね」でした。


セザールが叱りつけてるところとかね、「このクズ!」うちわを掲げたいくらいクズ。クズクズ言ってごめんね、だけどクズ。「子供は俺たちのもんだ」じゃないのよ、少なくとも、「俺とファニーのもんだ」なのよ。自分に子供ができたと知らなかったとはいえ、血も繋がっていない人の子を、自分の子として、2年間、母親以上にかわいがってくれたパニスがいるのは変わりがない事実で。「パニスさんありがとう」の一言が出てきてもおかしくはないわけです。本当は自分が養わなきゃいけなかったファニーと、なんならオノリーヌ・クロディーヌまでお世話になっているわけで…
パニスは自分の命よりもあの子が大切なの」と聞いてもなお、3人で逃げようって言い出せるマリウスくんの頭はお花畑なのかな??大丈夫??しかも食い下がるところが、「私の体をパニスは触ったことがない」って聞いたとこって…セザールが言った通り、マリウスが欲しかったものって結局家庭ではなくて、ファニーそのものだったんだなと改めて実感させられた。浦島太郎状態なマリウスからしたら、仕方がないことだとは思う。思うけど。突然奪って逃げるはしちゃダメ絶対…
パニスも幻聴がひどいなーって思ってしまっていたけど、坊やが大切すぎて、本当に小さなことにまで気にかけてしまうほど心配性で、坊やのことを誰よりも愛しているんだなと感じられるようになりました(遅)。

でも生まれる前から死ぬ日まで俺たち恋人だろ、はね、いや気持ちはわかるけど解せないのよ。だってパニスさん10年後には死ぬって言ってるんだもん…2幕の時点ではあと8年だよ。死んだ頃帰ってきたら…なんてマリウスのことだから思ってそう。何ならファニーも思ってそう(想像がひどくてすみません)


こんな感じで、主役2人に懐疑的な気持ちしか抱けなくなってしまった後半戦でした。


でも。こんな悲しい物語が繰り広げられている1枚壁の外では、楽しく恋愛しているプティとニャがいたり。楽しく飲んだり、娼婦っぽい子がフラメンコ習ってたりとか(ここ、ギターのお2人、右手をエアーにしたり歌ってるフリしたりしてるんですよね!)。

マリウスが船出したことに対して、めちゃめちゃ怒っているセザールへ、「どうしてそんなに怒ってんの?」と問いかけるエスカルトフィグ船長とブランさん。まさかファニーとアレソレしてから出てったとも言えないから、セザールは「勝手に家を出て行ったから」としか答えられず。2人も、お前あの年の息子に何言ってんだ、自分だってその年のころは好き勝手してただろって言うしかないし、セザール自身も「俺は、俺の息子じゃなかったからだぁ~!」ってプティに噛みつきたくもなるよ。この言葉、観てるときはあまり実感できなかったんだけど、「俺は俺の息子じゃなかった=俺はマリウスのように不貞行為してから、女の子泣かせるって分かってるのに船乗りになるような男じゃなかった」って意味なのかもって後々気が付いて。そうしたら、船に乗って行ってしまった息子のことが心配で心配で仕方がないけれど、同時に「どうしてそんな息子に育ってしまったんだろう」と自分を責めているセザールの気持ちも見えてきて。さっきも書いたけど、その気持ちはどうしても、 仲良しの2人にすら伝えることはできなくて。ああ、ただただ父親の愛って。深くて。辛い。としか思えないです。

プティもプティで。マリウスのこと、兄貴のように思っていたと思うんだけど。最後、旅立つときに物凄く怖い顔でマリウスのこと見つめていたんだよね。それって、プティは真実を知らないし、プティが一番大切に思っているニャちゃんのことを考えたら、また出ていくなんて信じられない!軽蔑!ってなってしまうのは必然なのかなと感じたり。

物語の傍観者としてこの話を観ている私でさえ、同じ話でも、前提条件が違うだけでここまで見え方が違うのかと思ったから、世の中の真実ってその個人の背景によって全部変わるんだなと改めて気付かされました。当たり前のことなんだけど。

だからこそ、自分が大切に思っている相手には、強がったりとか、女心が分かってない!って意地を張ったりせず、きちんと伝えあおうとする姿勢が大事なんだなぁ。私自身、わりと「そこは女として言わなくても分かってほしいよね~」なんて女同士で話してても言ってしまうタイプだから、反省。失いたくないものがあるなら、余計な強がりとか捨てて、素直になろう。まっすぐ伝えよう。自分が大切に思っている相手も、自分に対して気を遣いすぎることもあるかもしれないから、そんなことですれ違いが起きないようにしていきたいなぁと。この舞台を通して、そんなことを学びました。

ここはマルセーユ
ここはマルセーユ
愛情の国
俺たち 私たちの好きな街
みんな歌を歌い 楽しく遊び
きょうものんびり働く
そして満足して死んでいく
それなのにマリウスお前どこへ行く
熱病のような 海の誘い 旅の憧れ
哀れなお前マリウスどこへ行く

 

*1:マレジー

*2:なのか、そこから1か月通い続けたのかよくわからなかったんだけど

*3:そういえば、マリウスって結婚してくださいって言ってないよね

*4:なのか1か月前なのか

*5:ここでめちゃくちゃショックな顔をするマリウスを抱きしめてあげたい

*6:という当時の世界観+キリスト教の教え

*7:前半公演では「置いて」と言ってた気がする

*8:妻が産めなかったみたいなこと言ってたかな

*9:怖いよファニーさん

*10:娘生まれてたらどうだったの?とは思うけど。生まれる前から息子~!息子~~!って叫んでいたし

音楽劇マリウス 時代背景とか用語とか

自分用に調べたので、どなたかのお役に立てたら。間違ってるところあったらご連絡ください。

 

  • 1931年って

1914~1918までフランスは第一次世界大戦で戦時下にありました。(日本も参加してるよ)。マルセイユ自体はそこまで激戦地にはなっていなさそう…?ネットでざっとしか見てないけど。 終戦から10年ほど経って、経済とかも少し落ち着いてきた時期って理解でいいのかな。第二次世界大戦は1939年開戦だったりするから、ちょうど大戦のど真ん中って感じ。WWⅡのことは未来だから予測不可能だとしても、マリウスとファニーの周りの大人たちは身をもって戦争を体験しているはずなわけで、そりゃ安定を求めますわな。あの2人の記憶の中にも戦争残ってる年齢のはずだけどね。

 

ちなみに日本では1931年=昭和6年。1932年5月15日に犬養毅元首相が殺害されてます(五・一五事件)。 ファニーが出産したのは1932年3月のはずなので、大体その頃。

 

 

フランス南部の港町。舞台中だと、かなりこじんまりとした街なのかな?ってイメージを受けたけど、実際のところ現在のフランスではパリに次ぐレベルの商業都市だそう。町中歩けばみんな知り合いってどんだけあの登場人物たちは顔が広いの 笑

 

音楽劇マリウスのセット、小高い丘の上に建ってるのは寺院。「ノートルダム・ド・ガルド寺院」です。映画でも結構キャッチとして使われてた。というかかなり印象的。キリスト教…ってなる。この物語のキーポイントでもあるよね、キリスト教

f:id:sakurahirahira:20180624022352j:image

https://www.tripadvisor.jp/Attraction_Review-g187253-d230677-Reviews-Basilique_Notre_Dame_de_la_Garde-Marseille_Bouches_du_Rhone_Provence_Alpes_Cote_d_.html

 

マルセイユ姉妹都市、日本では神戸だそうです。神戸だってよ、淳太くん。笑

 

 

  • フラメンコって

スペインのアンダルシア地方発祥のダンスと歌。調べてみたら、観客が入れる掛け声にまで専門用語がついてるという。屋号言って盛り上げる歌舞伎みたい。比較的新しい芸術で、しっかりと記録されているのが確認できるのは19世紀後半だそうです。

https://www.anif.jp/ctt_anif_hajimete.htm

 

振りの種類とか、基本動作の名前とかあるのかなぁなんて調べたけど今一つヒットせず。誰か膝打ちからの手叩きからの上に手を挙げる振り付けの名前?教えて?忘れたくない…

 

それと、「憧れの『アンダルシア』」とマルセイユの距離を調べたらこんな風に出てきました。ご参考までf:id:sakurahirahira:20180624022406j:image(GoogleMapより)

 

  • 1930年頃の通貨価値って

10万フラン ファニーに祝い金としてあげるつもりだった
400フラン 当初予定していた、オノリーヌへの月々の仕送り額

調べたところ、1フラン=200~250円くらいだそうなので単純計算すると

10万フラン=2000万円~2500万円
400フラン=8万円~10万円

 

そりゃ女手1つで育ててくれたお母さんを楽させてあげられるって心揺れるわな… 

 

  • シトロンって

レモンが少し入っている炭酸飲料ってことで良いのかな。よく楽屋に差し入れ入ってるよね← フランス独特のものではなさそう。シトロンっていうレモンによく似た食べ物はあるみたい。f:id:sakurahirahira:20180624022417j:image

https://www.pokkasapporo-fb.jp/products/soda/ribbon/HT16.html

 

  • アニセットって

“主としてアニスで香味をつけ、加糖した無色透明のリキュール。地中海沿岸地方で造られる。水を加えると白濁する。”(…コトバンクさんより) 
アニスってなんやねん→セリ科の草ですって

 

  • トンマの王子って

どこかの国とか、何か昔話かと思ってたら全く違った。 「頓馬」…間抜けとかそういう意味でした。(コトバンクさんより)

 

  • シュミゼットって

“麻・モスリンなど薄手の生地で作られた袖 (そで) なしの短いブラウス。刺繍 (ししゅう) ・タック・フリルなどの飾りがついたものが多い。(コトバンクさんより)”

 

 

  • 帆船って

あの時代、世界的には帆船は衰退の一途だったようです。フランスは動かしていたようだけど。


20世紀初頭にはアメリカの「トマス・W・ローソン」や、ヨーロッパ~チリ間の硝石輸送で大規模な帆走商船隊を編成したドイツのF・ライツ社が所有した「プロイセン」など、鉄・鋼鉄製の船体で大型・多マストの帆船が建造されたが、もはや帆船は海運の主役ではなくなっていた。イギリスに於いては19世紀末から帆船の建造が行われなくなっていたが、フランスでは1881年より帆船に対する補助金制度があったため、帆船時代の末期においても多くのフランス籍の大型商用帆船が就航していた。当時、フランス帆船は空荷で世界一周をしても、補助金によって十分な利益を挙げることができると言われていた。

帆船 - Wikipedia

 

未確認事項

○「お子様」のこと、キリスト教的にあまりよろしくはないけど禁止ではなさそうな雰囲気?OKでないことは分かってる(そりゃそうだ)。オノリーヌが激怒したのは、時代もだしファニーの年齢もあるのかなぁ。カトリックプロテスタントの違いとかもあるのかな。教えを厳格に守ってる方は、現代でも時期をごまかせみたいな話があるって調べてたら出てきました。さすがにリンクを貼る勇気はないけど。めちゃくちゃびっくり。。

 

エスカルトフィグ船長さんが就航させてる船のこととかも調べたかったけど、どうやったら答えが出るのか見当もつかなかったので割愛。

 

諸々分かったらもっともっとあの舞台を理解できるんだろうなぁ…放浪してる老人との会話とかも。

ネタバレしかない 音楽劇マリウス2018初日公演を終えて


初日のマチソワ入らさせていただいた時点での*1 思ったことブワァーします!!!話あちこち飛びます!気にしない!忘れないうちに!

 

 

1931年のマルセーユに一気に連れてってくれる演出最高 波の上!ふー!
翼くんのための脚本だったの 分かりみすぎる 分かる
でもちゃんとやり遂げてる というか作り上げたんだなって分かったよね
初回公演最初のカテコ。両腕を斜め上へ思い切り伸ばして。目は閉じられていて、顔を少し上に向けて。「出来たぜー!」「やったー!」「良かったー!」全部混ざって安堵の表情。そんな横顔もとてもとてもかっこいい!漢〜〜〜!!!
初回では登場時に拍手起きなかったけど、夜の部では拍手起きてた。驚いて少しキョトンってなってるのかわいかったね
第二幕でトトが最初に出てくるシーンって、第一幕でのマリウス初登場シーンのオマージュ?わざと同じ設定にしてるんだと思うけど、マリウスは軽々持ち上げてたのに対してトトは「よいしょ!」って持ち上げてるのよなぁ。マリウスの筋力。ふふふふ
女性陣みんなお胸大きくない?何?入れてる?私でも鼻の下伸びるわ()
マリウスの腕まくりたまらない。むり。私あの丈のシャツの腕まくりフェチ公言してきたんですけど本当にやばくないですか?あわよくばもう少しスキマがあるといいんだけどワガママ言いません
冒頭のパニスが寡(ヤモメ)だって話、奥様とイチャイチャした話、これラストシーンへの伏線すぎて。マチネ見たときは気付かなかったけど、マチソワ見て ソワレの冒頭で頭抱えたよね。パニスー!!
この話って「パニス」でも成立するよね?むしろパニスサイドの話が見たい。山田洋次様お願いできませんか
当初パニスが再婚したいと思ってる女性がいる、って言ってたとき、ファニーのことは女性として扱いたいって思ってたのかな?
そのとき教えてくれなかったけど、聞き耳立てようとしてカウンター内でサッと後ろに下がるマリウス堪らなく好き
ていうかパニスの話を聞いてるとき全般のマリウスの表情が好き
ねえ照史くん なんでそんなに表情豊かなの?(結局)
てか突然ヴォルフィーぶちかましてくるのやめて(嘘、もっとやって)
まさか松竹座で死んでいったモーツァルトくんがここに生まれ変わってくるなんてねえ 前世モーツァルトかよ 分かるわ マリウスってそういう設定(違います)
でもファニーの第二幕の衣装、アマデウスラストのコンスタちゃんとそっくりじゃん???なんなら髪型もさ?夫人だからなの??
また話が逸れた
シトロン飲みたい
シトロンってなーに
シトロンってアルコール入ってるの???
プティかわいいほんとむり
郵便屋さんコントのところ プティ口パク「ゆうせいじぎょうってなあに」トト口パク「さあ(肩すくめ)」なんだこのコンビ
ニャ!ニャ!歌うますぎやろかわいいしなんなんなん
言わずもがな照史くんの声量よ声量
音程もばっちりだし 好き マリウス!
ファニーと重なると更に泣ける
みんな貴方のフラメンコ見たかったのよ?がカテコに繋がるんですよね分かる……
「上手いじゃないか」の件で泣く
身体全体を緊張させてガッチガチに踊るのやばくないですか 指先までさあ
指先と言えば、子供の件が分かったときの指先がしんどかった ぎゅっと握りしめて
あとね、ソワレで最後にファニーとばいばいするとき、肩に置いた指をぱらぱらっぱらぱらって名残惜しそうにしててね なんなのあのひと マリウスを生き過ぎでしょ?切ないよ 切なすぎる
てかファニーたんよおおおお抱いてって言ったなら本当にそのまま掴んで離しちゃいけなかったんだよおあの男をさぁぁぁあ
お父さん実はあまり字が読めなかった説?手紙にいちいちつっこんでる柄本セザール父ちゃんかわいい不器用かよ
マリウスもさあ ばかぁ でも聞いてたよりクソ男じゃない!全然好き!愛す!ぇ

時間が足りないので続きはまたこんど……

*1:よく桐山asマリウスがやる謎の謙譲語重ね

(私にとって最後の)乗り越しラブストーリー

WESTival180408 広島2日目2部 乗り越しラブストーリー
覚えてる限りの覚書、気持ち悪いくらい脳内再生重ねたから違う所もあるかもだけど。横アリぶりに聴きました。

 

 

関ジュコーナーまとくんの挨拶を受けて(「もみじのように木になる(気になる)存在を見つけて帰ってくださいね」)

重岡(^ヮ^=)一瞬新喜劇やってなかった?
桐山(´◇`)やってたね〜、真鳥に座布団あげてー?笑 言葉うますぎんねん、うますぎて何言ってんのか分かんなかった

(^ヮ^=)広島ラストー。この曲、ほんま0から2人で作り上げて。
(´◇`)去年の9月10月くらいに、レコーディングのときに三線家さんとピアノのプロの方が来てくれて、その場で作った感じがね こんな感じになるんやーって
(^ヮ^=)楽器やろうぜー頑張ろうぜーってね
(´◇`)こんな感じになるとはね。回数重ねて、アレンジとかも加わって、曲が育ってる感じがしてね

(^ヮ^=)そういう、俺ら2人の曲。
(^ヮ^=)実はね僕ら出てくる前に裏で、照史とグータッチしてんねん 笑
(*´◇`*)恥ずっ!……言うなし!

(^ヮ^=)ええやん
(^ヮ^=)ええやん、恥ずかしがらんで!(立ち上がって照史くんの方に行く)
(´◇`)言わんでええし!!ピーアーノーに!すーわーれ!!
(^ヮ^=)うぃ〜〜〜(グータッチしちゃう)
(´◇`)早〜よ〜すーわーれ
(^ヮ^=)俺たち普段あんまこういう柄じゃないんですけど 笑笑

(^ヮ^=)よーっしゃあ!(両手伸びしながら)俺!これ!作詞したんで!そこ注目して下さい!



(´◇`)がたんー ごとんー ゆれぇるぼ〜くらはぁ〜

(^ヮ^=)でーあいわーかれぇー またぁあ
こーいーををし-てぇー
(ミーソーシラソ-ラーー←ミソシーラ)

<ピアノ>レ#ファラ レ#ファラ レーーー

(ピアノの音が消えるまで待つ)

どんとかまえーたぁあ(ブレス)
僕のきいっぷぅう〜〜
いえ↑↑〜ぇぇっ
(シーーーーラソっ)
(アーティストっぽい。首筋がめちゃくちゃ綺麗。)

<ここまでスローテンポ>

(^ヮ^=)ワンっツー!

(^ヮ^=)のりーこしらぶすとーりぃ(´◇`)

<ピアノのレー#ファーソーレー シレソー 無しで1番に入る>

(´◇`)よって言えよ早よ 車窓透けた僕
あかぁらっがおーぉ↑
(ソシーラっソラーシー←ソシラソラーー)

(^ヮ^=)幸せって見つめ合った
<照れながら見つめ合ってる2人が尊い

(^ヮ^=)どあ!ひら!
<アクセント超強め、楽しそう>

2番
(^ヮ^=)実はサイズ……<モニターに映るしげ超ニコニコしてて照史くんを見つめる。響き渡るキャー(大画面にしげの照れ顔が映るからだと思う、私も気付いたらキャーしてた)>……きっつぅい <ふふって口角上げる>
わったしーもいぃしょーにつかぁいたくって
えへへへちゃうでーっぇえ
             (ラソララーっソ〜←ラソララソー)

しげちゃんノリノリのサビ
照史くん若干探り探り、所々いなくなってた(気がする)

照史ソロ
横アリよりのときと不安げな様子は何処へ。バリバリできてるやーん。
終わり、\やったっっっ!/って両手上げて背中を後ろに反らす、喜び方が子供みたいで本当に本当にかわいい!!

しげソロ
テンション高めなのが影響してシのオクターブ連打、鍵盤押しきれない。でもそれがまた良い味出してて良き。頭ヘドバンしがち、かわいい。
ラストのグリッサンドのとこで
(´◇`)\うぇーーい!/ 煽る

<ピアノ>ソラ♭シシー(?)←和音だけのはずが半音階になってた

(´◇`)僕を待つ 君がもしいたら
<「君」でカメラに向かって2回指差し。(ファン全員がきりしげの元カノ扱いってことでいいのかな、足の力抜けた)>

(^ヮ^=)ほんとーは知ってたーサヨナラーだぁってー
<知ってた と サヨナラ の間の シレ#ファソ の音が力強め、好き>

(´◇`)僕が降りる駅 見えてきたーよー(^ヮ^=)
(´◇`)あーはーぁーーー

<しげのグリッサンドで、噂の手拍子タイムに突入。●が拍手のタイミング。完全にここは2人のアカペラ。しげも手を上に上げながら拍手してた。>

(^ヮ^=)(´◇`)がたんごとんゆ●れーるぼ●くらは●出ー会い●別れーま●たー恋を●して ど●んとかま●えーたぼ●くのきいっ

ぷ〜
<しげのグリッサンド。普通は手を斜めにして指で側でやることが多い奏法だけど、左手の平、手首ちょい上くらいでガーーっと鍵盤の上滑らせてた>

(^ヮ^=)のりーこしらぶすとぉーりぃいー
(´◇`)のりーこしらぶすとぉーりぃぃ

(^ヮ^=)揺れるこっころゆっけーなっみーだ(´◇`)
<っ の部分が強め。想いを振り切ろうとしている感じ>


後は恐らく音源通りというか横アリのままだったかな。横アリより余裕ができて気持ちがこもってたと思う。しげのテンションが高くて、テンポが走り気味になってるのも人間だなというか、楽しんでやってくれてるんだなって伝わってきて泣いた。


おまけ
暗転した後に、横アリの時と変わらず、グータッチしている2人がいました。

自分たちでグータッチのことに触れたのは初めてだったのかな?始まる前も終わりも毎回グータッチしてきてるなんて泣くしかないですね。


あと5回。私はもう聴きに行けないけど、どう終わるのか映像に残ったらいいな。そしてどうか、生でまたいつか聴ける日が来ますように。

いろんな意味の“良かった”を込めて、「おめでとう」と伝えたい。(4/10追記)

一昨日の仕事終わり。桐山照史くんが今井翼くん主演舞台の代役に抜擢されたとの一報。

「ですよね!」と心の中で叫びながら、路上にも関わらず溢れ出す涙が止まらなかった。

翼くんが舞台を降板する、しかも再演の主演舞台、でも代役を立てる。会場を調べると、元々松竹座だけの予定。
9割方、照史くんに決まるだろうなと思った。
歌えて踊れて、少し黒くて、他のジャニタレの皆さんより体の芯が少し太めで。突然主役振ってもいいくらい舞台経験が豊富で、短期間であっても仕上げられると実力を認められている人。それと、ここまでかけてきた経費の分があるから、少しでも経費削減の意味で言ったら事務所内でトップバッター(稽古の時も含めてホテル代要らんよね)(シビアだけど実際問題そこも考慮しないわけがない)、そして何よりも松竹座のお偉い方から気に入られている事実(アマデウスの時にいただいたコメントが凄すぎたの覚えてる)。

ここまで考えて、発表前に宿まで取っていたのに、いざ発表されたら本当に決まっちゃったという動揺と、初単独主演という嬉しさの波に揺られるだけだった。

 

 

私自身、認めてはないけれど、翼くんと同じ病と診断されて服薬をかれこれ何年も繰り返している。幸い、聴力の変動と時折起きるめまいで済んでいるが、難聴の弊害としてザワザワしている空間にいるのがキツいことがある。音が聞こえづらい分、聴神経が音を拾いすぎてしまったり耳の中で響いたり大きく聞こえたりすると病院で言われた。映画館やライブの爆音は大丈夫(集中する音が1つしかないから)だが、街中で360度から色んな音が聞こえてくる状態が極度に疲れる。子供がギャン騒ぎし出したらもう耐えられない。先日も家族で買い物に出かけたら、疲れてどうにもならなくて20分くらいその辺の椅子で休憩させてもらったくらい。
友達と喋っていても、相手が何を言っているのか聞こえない(=脳が認識してくれない)こともある。メニエールのせいなのかよく分からないけど、これも難聴の症状の1つとネットで見かけた。

翼くんの症状が分からない以上何も言えないが、主に言われてること以外にだって諸々あるってことだ。

それを身を持って知っているから。翼くんにはできるだけゆったりした環境で休んでもらいたい。難病指定されてるし、完治することはないと言われていて、良い状態と悪い状態を繰り返すのが特徴の病気。頻繁に続くと本当に耳が聞こえなくなるらしいから。そんな状態になってしまったら、翼くんも翼くんのファンも居た堪れなすぎるから。翼くんの病状が良くないなんて聞いたら、私もどうしたって自分と重ねてしまうから。

 


翼くん自身のことに詳しいわけではないけど、レコメン!聞いてる中で、to baseが流れてくるから普通に聞いてた。あの睡魔が襲ってくる時間帯に聞こえてくる、綺麗な日本語が好きだった。昨年のマリウス初演が決まったときも、マリウス公演中も、再演が決まったことも、全部本人の口から聞いてた。どれだけ翼くんがマリウスのこと大切に思っていたかも、再演が決まったことを喜んでいたかも知ってるから、降板になったことを1番悔しく思っているのが本人だってことも痛いほど分かる。フラメンコだって、本場に留学までして習ってきた翼くんに敵うタレントさんはジャニーズにはいない。

照史くんも生放送の中で、私たちと同じように毎週マリウスの話聞いてたのだろう。だからこそ、「翼くんが帰ってくるまでマリウスを守りたい」って、強く強く思えるんだろうな。

昨日のレコメン!でも、いつもマリウスの話してた、翼くんのマリウスを守りたいって話をしていた。あの言葉の裏側には、そういう経緯を踏まえた「また翼くんがマリウスができる環境を整えないと」って確固たる意思があると感じた。もちろんto baseも含めて。翼くんにその決意が届いていますように。

 

 

3月末に事務所から桐山でやるって言われ、監督さんと話をし、世界トップのフラメンコダンサーさんから1時間くらいフラメンコ習ったら膝が笑っちゃって、でも瀧本美織ちゃんのフラメンコに「上手いじゃないか!」っていう台詞を客席に納得させられるところまでレベルを高めたいと昨日のレコメンでこれまでの流れを教えてくれた。もちろんフラメンコだけではなく、歌も台詞も動きも全部全部ツアー終了後20日足らずで仕上げきらないといけないスケジュール。そもそも初日まであと63日。誰がどう考えたってキツイ。

でも、やるぞって言葉にして世間に決意表明したからには、それ以上のものを絶対に見せてくれる人だと信じて疑わない。私にとって(体調面で)希望の星である翼くんの代役が、照史くんで良かった。周囲が、翼くんが、求めているよりもずっとずっと凄いものを見せてくれるって確信が持てる人に決まって良かった。

 

だから、色々な意見が溢れている世界だと思うけど、私は『初単独主演舞台おめでとう』を、これまでで最高最大の『顔晴れ』を送りたい。

 

 

 

 

 

4/10追記

WESTival広島公演(4/7・8公演)にて、本人から舞台出演のお知らせ。今日10日は2週に1度のWEB連載更新日。
8日の夜は有難いことに本人の口から舞台の話が聞けた。他2公演はみなさんのレポより抜粋。

7日
・事が事なだけに、うわー!(嬉)って感じではない。
・フラメンコとか難しくて…先輩を尊敬する
・責任を持って、翼くんが帰ってくるまでマリウスを守る


8日昼
・もうチケット売られてたけど、松竹さんから僕でって。スケジュールも合わせてくれた(木曜のことかな)
・(昨年秋の)幸四郎さんのアマデウスがあったから
・(重岡「バトンを受け取ったんやね」)「バトンを預からせていただいたみたいな形」
・楽屋でフラメンコの練習してると「キリウス」って言われる(実際のところ「キリメンコ」って言われてるらしい)


8日夜 実際見た
表情が真剣で、眼差しがしっかりとしていて。昨年松本幸四郎(現白鴎)さんのアマデウス出演が決まった直後のライブで「大役だけど大丈夫かな。会場満席にしたい」と不安げにしてた人の1年後とは思えなかった。任された役目が、準主役がら主役(しかも先輩の代役)になってるのに。ちょっぴり自信付けたんだね。守るものができると人間強くなるんだね。この人の成長を、色々な面で大きくなっていく姿を見届けられて幸せだと心の底から思った。

「翼くんのマリウスを、未熟ながら僕、桐山照史が演じさせていただく事が決まりました。去年のマリウスを観たことがある方もない方も…雰囲気が変わると思いますし。関西Jr.の西畑大吾も何やっけな、ぷてぃ ? プティ? プティー↑↑やったかな?(右上見上げながら首かしげててかわいい)も出演することが決まってるんで。
初めてのことがいっぱいあって。ヒゲも生やさしていただいてて、フラメンコとか。歌もちょっと難しかったりとかね。
初演があって、出来上がった(カンパニーの)中にに入っていくのは不安ではありますけど、皆さん優しかったので…。
翼くんの気持ちを、しっかり背負って、頑張っていきたいと思います。
大阪なんですけど、6/8から、松竹座に是非足を運んでください。よろしくお願いします。」


4/10更新 な・に・わ・ぶ・誌 vol.181
半年くらい載ると思うから、ざっくり。できたら翼担の皆様に原文を読んでいただきたいな…
・去年見た時に、マリウス諸関係の皆さんみたいな方々とお芝居できたら幸せだろうなと思ってた
・他の仕事の合間は全部1人抜き稽古中
・翼くんファンの方にも見てほしい、良し悪し全部翼くんファンから翼くんに伝えてほしい

 


始まる前から何回泣かすの、もう、、
翼くんに、翼担の皆様に、マリウス関係者の皆様に対して、ものっすごく謙虚。
この間私が書いたみたいに、何が何でも良いものにするっていう決意と、それに基づく行動がヒシヒシと感じられて泣く。

 

頑張ってね。松竹の方からの直接のご指名で、嬉しさとプレッシャーと お稽古とライブと普段の仕事と……って、気持ちに余裕が持てないくらいには張り詰めてるんだろうなって察しちゃったから、「頑張って」なんて言葉をこの情報の海原に流し込むことしかできないのが悔しい。もし追い詰めてしまってたら、ごめんね。でもね、大丈夫だよ。辛くなったら、どうか1人で背負おうとしないで。これだけの気持ちで照史くんが向き合ってること、周りの方にも先輩にも先輩のファンの皆様にも伝わるはずだから。

キラキラ輝いて。 King & Prince デビューに寄せて

Mr.King & Mr.Prince

は?どした???何それ??ネーミングwwwwって衝撃を受けたこと、今でも覚えてる。

 

 

勝つんだWINがとっても好きだったデビュー担かつ らぶをかじってるの記憶垂れ流し系独り言です。Jr.時代をがっつり知ってる子たちがデビューするの初めての経験。

 

 

どういう順番だったか具体的に思い出せないけれど、

 

勝つんだWINが少クラで放送されて

れんれんのキラキラ具合に魅せられて

きしくんとれんれんの「一緒に行こうぜここから」の声の融けあい具合に悶絶して

れんれんしか言えない時期が短かったけど確かに存在して

パリマニ目当てで買ったサマパラディスク、パリマニと一緒に勝つんだWINもアホみたいに繰り返して見て

ちょうど私が関西にハマった頃と時期が被っていたから、WESTデビューまでの変遷を見たときに しょーれんもそのメンバー編成したときの公演にメインメンバーだったっぽいことも見受けられて戦慄して

その後、なんやかんや3・3で活動させられて

きんぐにはMr.が付いたままなのに謎にぷりんすからはMr.が取れて

きんぐばーーーっかり推されて

れんれんにあったはずの目のキラキラが消えてしまったように見えて

身近にところから某くんと遭遇した話を聞いて*1

じゅにあ祭りでしょーれんと間近でええじゃないかして泣かされて

久々に聞いた勝つんだWINは生歌で

6人でテレビ出てみたらしよーくん*2のアホキャラが消えかけて岸くんがアホキャラにされていて*3

でもやっぱり6人の勝つんだWIN!は名曲すぎると感じて

友達が岸くんに思いの外ハマっていて

きんぐもぷりんすも冠番組持って

 

はいびーが推され始めてどうなるかと思ったけどね。

 

昨日の昼、東山さんへのインタの概略をツイで見て「きんぐが(きんぷりが?)これからのジャニーズを引っ張っていくと思ってやっている」え?これってデビュー前提なの?

なんてちょっとらぶ推しとしてはちょっぴりいやな気持ちになったりした、ら、

 

3時間後にはデビュー発表でした。

 

 

素直におめでとうって思えた。

安井くんデビューさせてよ!年齢!とも正直思ったけど、確かに正統派アイドルはしばらく出てきていなかったし、

何よりも6人には華がある。

中高生の王子様、お姉さんたちの王様になれる。

 

両親の仕事の都合、なんて言ってたけれど、高校の途中で関西の仲間から引き離されて突然トップに立たされたしょーれんも

しょーれんの中に1人でいなきゃいけなくて、取り残されかけたかいちゃんも

ずーっと前からシンメで割とトップ張ってきたのに突然きんぐにそのポジを取られかけたじぐいわも

じぐいわの中に1人でいなきゃいけなくて、キツイこともあっただろうけど天性の明るさで耐えてきた きしくんも

 

みんなみんなそれぞれに耐えてきて、ようやく。胸を張って、みんなの王様王子様になれるね。

 

 

これをきっかけに、平野紫耀のことも永瀬廉のことも高橋海人のことも岸優太のことも神宮寺勇太のことも岩橋玄樹のことも知らない、たっっっっっくさんの女の子たちを恋に落として たっっっっっくさん幸せにさせていってほしい

そんなきっかけの1つとして、デビューって存在するんだと実感しました。

 

れんれん含め、みんなの目がもっともっと輝いていくような未来になるように祈ってます。

 

 

 

勝つんだWINは少なくともデビューシングルに入れてくれないとおこだよ!←

*1:誰とは言わないけど、もうじゅにあじゃなくなるんだから外での目つきには気をつけるんだよ> < おばちゃんと約束してね

*2:しょうくんって言うと櫻井様と被るので敢えて「しようくん」読みをしています

*3:シブヤノオトの話

2017年の現場総括

2016年のまとめを、カウコントイレ待ちの間に書き上げたのが昨日のことのよう。

この1年あっという間でした。ほんとに今晩、年越しすんのかな。って毎年言いながら年を取っていくのだなと実感してます。怖い

というわけで振り返り〜!ただの日記! 

計19日、 23公演(16-17カウコン・募金含む)でした。

 

1月1日@東京ドーム
ジャニーズカウントダウン2016-2017
24から感謝届けられて帰宅したら、友達の家にアリーナチケットが届いていた訳分からんやつ。開演前にムビステ真下なことが判明して固まる。来ないはずの嵐さんがドーム来て、真上を通っていくという更に訳の分からない年明け。


1月6日@横浜アリーナ
ジャニーズWEST なうぇすと
1部
自名義。初センターかつアリトロ横で死ぬ。仕事休む休めないの瀬戸際だったけど交渉しまくって行けた回。妹が濵田さんを見て泣く。
流星のBCG跡くっきり見えて死ぬ。自担だけ横通らなかった、ある意味奇跡。初見無鉄砲ボーイ間近で見て腰砕けた。

2部
「神ちゃんエイトのこと好きって言ってくれるから気にして見る!」と言う同期エイターにぴったりなお席(智子がよく見えた)。エイトはこんなに踊らないよ〜びっくりした、、との感想を頂戴しました。


1月7日@横浜アリーナ
ジャニーズWEST なうぇすと
1部
初2Fスタンド。自担に落ちてぴったり1年後に、初めて自担からファンサをもらう*1。死ぬ。自分向けだってすぐ気づけなかった。可愛く反応できるようなファンになろうと誓った回。MCは、「わいっぱー」。

2部
自分の中でお決まりになりつつある、メンステ下手付近。シングルメドレーのとき、照史くんリフター位置だった。ズンズンできて嬉しかったし、重岡な身内ちゃんが一生懸命名前呼んでくれたことが嬉しかった。


3月19日@エコパアリーナ
ジャニーズWEST なうぇすと
1部
メンステ上手真横。ほんとに真横。笑 メンバーと同じ目線で奥の方を眺められた思い出。濵田さんな身内ちゃんありがとうね…!
隣が結婚式に出るのかな?なフワフワ白ドレスを着た同担さんで申し訳なくなる(と言うよりなぜこんな可愛い子が彼のこと好きなんだ?の域)。自分も可愛くなろうと決意←
アンコのトロッコ開始地点に照史くん。謎にお互い「あ」の口開けながら見つめあった(?)んですけどあれはファンサだったんですか??教えてきりやまくん。
その後、逆から来たメンバーの降りていく位置に近づかせるべく重岡担を移動させーの、重岡くんの身長の高さに被弾させられたーので忙しかった。小瀧くんにはリアル後光が差してた。
円盤のメイキングに堂々と映り込んでしまったのは誤算(良い思い出)。

2部
見納めだ〜つって。超上のほ〜だったけど、楽しかったから良し。1部でもやってた100らぶの「べびあらっびゅうおういぇえぇえぇぇえ」が未だに頭から離れず。
開演前、会場係のお姉さんが携帯出してるだけで注意して回ってたのが少し怖かった←
終演後、駅員さんがきちんと統制とって、オタクを電車に乗せていたことに感動する。ハンバーグ食べられなかったけど、静岡おでんでシメました。


4月10日@埼玉スーパーアリーナ
ジャニーズJr.祭り2部
待ちに待った慣れ親しんでる場所でのライブ!初デジチケ公演でもある。公演前、呑気にカラオケで「24コン(涙)会」を開いていたら入ってきた1部の「席がない事件」。2部も、開演が1時間遅れ、その回も席が無い人がいたとのこと、本当にありえん。ちゃんとして事務所。
そんな事件の中で、横花横引いてくれた身内ちゃんありがたすぎ…妹が初めてファンサ(と言う名の笑顔)をもらってこっちまで幸せに。
まさかパリマニ見れるとは思わなかったし、勝つんだWIN聴けるなんて思わなかった。
翌日は出勤だったから、帰りに写真だけ撮りに行きました。もう一回行きたかったかも。


4月16日@東京ドーム
ジャニーズ大運動会
バルコニー席。メモ取りまくる派としては最高の席すぎた。ふっかふか。最高。約10時間で3500円+手数料の4000円強とかお得すぎない??意味不明な価格設定。 しかも照史くんの司会業も拝めたから最強イベント。
なうぇすと納めから約1ヶ月、Jr祭りから1週後の現場って意味でもありがたかった。Love-tuneにとってドーム初だったであろう現場に立ち会えて幸せの極みでした。


7月10日@NHKホール
少年倶楽部観覧
身内ちゃんが当ててくれて(2回目)(感謝)行ってまいりました!トロッコ曲だった覚悟しろよSummerを7人並びで見られたの嬉しかったなあ


8月5日@六本木EXシアター
僕たちがKING'S TRESURE Love-tune公演
やっと仕事してくれた自名義。初らぶ公演。指定の超見やすい席。
幕が降りたら、目の前に安井くんがいて。Jrマンションが迫ってくるからほんとビックリした。T.W.L.で見つけてくれてファンサくれて*2完全に崩れ落ちた。しばらく力入らなくて立ったり座ったりする迷惑野郎になりました。
キラキラ光る安井くんを筆頭としたらぶちゃんのことを見続けるって決めました。


8月16日@東京ドーム
関ジャニ's エンターテインメント ジャム
エイトさんの初めての現場〜!同期に連れてってもらいました!嵐の円盤を初めて見せてくれた大学の友人(色々掛け持ちしてるけど現場0だった)も、連れて行けてよかった。チケットはこの紙チケQRが一番やりやすいなぁと思います。
目の前に来た大倉さん超絶イケメンだった。Trafficのメンステ画面がかっこよすぎた。純情恋花火の丸山さんに、一晩の花火が打ち上げられたりした。かっこよすぎだよ丸山さん、、
いつもWESTに付いてくれてる関ジュが、エイトさんのような大物のバックで踊ってるのも新鮮だった。


8月26日@武道館
24時間テレビ40「告白〜勇気を出して伝えよう」
館内募金に参加。午前中から8時間並んだ。翔くんと亀ちゃんって、私の3大巨頭のうち2人が司会。どうしても揃ってるところが見たくて。結果的に小山くんと握手させていただきました(櫻井さんに慣らされてる人間なので握手せず退散しようとしたら、小山くんのほうから「あの〜?」って両手を差し出してくれた。優しすぎかよ。お手手はとても冷たかったです。)
お目当ての翔くんも、ほんと一瞬だったけど見られたからオールオッケー。後ろに並んでたかわいい小山担とちょいちょいお話したり、ラプラスの魔女読んだりしててあっという間!スズメバチがバンバン飛んでくるのは勘弁だったけどww 大好きな小山くんと握手できたって本当に喜んでた小山担の喜びを共有できて嬉しかった。連絡先聞けばよかったな〜って思ってる。


8月31日@東京国際フォーラムA
The 一 〜Follow me〜
照史くんの誕生日に、亀梨くんのソロコンぼっちで行きました(この日しか当たらなかったんだもん!)(休み取るなら木曜がいい(ヒルナンある)からってのもある。)。照史くんに対してこ罪悪感に苛まれて、ご飯食べられなかったという実話。
音質良くてビビる。DOCあそこで入りたい…ってのは置いておいて、クラシックを要所要所混ぜてくるの良き。緩く緩く、長い間見てきた亀ちゃん。TVでしか追えてなかったから大きいことはあまり言えないけど、ドラマメドレーとか、あの時その時の想い出がバーっと蘇ってきて泣けた。山猫リサイタル見られたのも、ソロアミーゴ見られたのも、うぃるびー聞けたのも、全部大事な宝物。

なべしょさんとさっくんとまっすー(みそスープ)。


9月24日@池袋サンシャイン劇場
舞台AMADEUS初日
自担桐山様の出演舞台。主演は松本幸四郎さん。自分が出るわけじゃないのに、前日からずっと緊張。*3
1F端っこで、後ろから風さんが突然歩いて来たことにびっくり。風さんだけに、通り過ぎたときに風を感じた。「にゃお〜〜ん♡」って飛び出して来た突拍子もない自担くんに度肝を抜かされたのは言うまでもなく。ラストの黒装束なサリエーリにも気持ちを持っていかれ。双眼鏡覗いたら目の前に黒サリエリたんがいたんだもんほんと怖かった。
終演後長いことしんどいしんどいって言いまくってたなぁ。付き合ってくれたフォロワーちゃん、ありがとうね><
この日情熱大陸のカメラ回してて、普通に映り込んでしまった。あとホワイエにいたら、隣に、見るからに良い服を来た少年がお母さんらしき人に連れられて来て。「この子ただ者じゃない」と思いました。最近判明したけど、この少年、幸四郎さんのお孫さんでした。(染五郎襲名する金太郎くん)彼の肌は陶器。


9月25日@池袋サンシャイン劇場
舞台AMADEUS
マチネ
1F下手前列。昨日最後に死んでしまったモーツァルトが元気に「にゃお〜〜」してきて脳内大混乱。

ソワレ
2F一番後ろの席。角度が急ね!見えるところあったりなかったり。身内ちゃんが仕事終わったあとに駆け込んでくれて嬉しかった。2Fは価格がお手頃なこともあってサラリーマンの方も結構いらっしゃってた。


10月2日@池袋サンシャイン劇場
舞台AMADEUS
ソワレ
自名義。まさかまさかの実質1列目*4。チケット届いてから、ずっっっっと信じられなくて、チケットの日付と時間と席を確認する日々。夜公演なのに「絶対仕事に集中できないから」って1日仕事を休む笑
初日以降だんだん体調崩してたからマスク着用。照史くんのココナッツの香り嗅いでみたかった…(変態) 一歩踏み出したら触れる距離にいるモーツァルトさん。どこ見ていいのか分からなくて、ホクロとか爪とか見てた(変態)

神ちゃんと坂本くんが見学に来てました。


10月4日@池袋サンシャイン劇場
舞台AMADEUS
ソワレ
1F下手。この日は仕事定時ダッシュして着席。本当に2分前くらいに席へ着く。行く行かないを数回繰り返した公演だったけど、公式HPの戻り分で2列目が買えたりして行く決意をした。(ただし体調絶不調でマスクの中はお花畑)(照史くんと目があったときもマスクの裏はアレだった)(そこはサリエーリの目線ドンピ、鼻水野郎は申し訳なかった)
この日のラストが一番印象に残ってる。無理して行って良かったって思った。


10月9日@池袋サンシャイン劇場
舞台AMADEUS東京楽日公演
1F上手後方。双眼鏡使うとチェンバロが目の前にあるように感じる席でした。最後のご挨拶で、染五郎さんがいらしてるって話→染五郎さんが手を振りながらピョンピョン跳ねてアピール→照史くんがすぐ見つけてモーツァルト式お辞儀→染五郎さんもそのお辞儀でレスポンス、した流れが最高でした。周りの人と同じ流れに乗って会場を後にした染五郎さん強いと思いました(行きのエレベーターも普通に1人で乗ってきたらしい)。


10月20日@大阪松竹座
舞台AMADEUS
初松竹座。WESTのみんながずっっっと頑張ってきた場所。照史くんにとっては凱旋だなと思って行くしかなかった。
フォロワーのお姉様とご挨拶させてもらって、クリパとかだとここでグッズ売ってるんですよ〜なんて教えてもらって。会場2階に物販があるとか、アイスまで売ってるなんてと軽くカルチャーショック。
1F最下手の真ん中あたり。普段はその通路に花道が敷いてあって、、なんて想像をする。幕が上がって、池袋より奥行きのある会場だなぁと思う。でもコンサート会場としては言うまでもなく狭くて。こんな所から、飛び出してきたんだなぁと。当時を推測しながら、その頃支えてくれていたファンの皆さんに心の中で敬礼。


10月22日@大阪松竹座
舞台AMADEUS 大阪楽公演
3F上手。サンシャイン劇場の2階よりは見やすい。前日から台風が迫ってきていて、帰れるのか気が気じゃなかった。帰って来なさいとか家族から連絡あったけど、意地でも大阪残るって言って観劇。
最後の「パパーーーーー!」の前、溜めに溜めて。出てこないから一瞬心配になった。気持ちを作ったんだろうなと思ったけど。時間が経った今となると、会場柄昔のこととか含め、きっと色々なものが込み上げてきて、それらをぜーんぶ胸に落とし込んでの叫びだったんじゃないかなぁ。泣いちゃう。
「『神を懲らしめてやれなくて何が人間だ』という思いを持って、これからの人生を生きていってください(大意)」って幸四郎さんが仰ったこと、忘れない。


12月18日@NHKホール
少年倶楽部観覧
やっと自分で当てられて!疲れが溜まってたこともあって休みを取りました←
まさかのプレ初日公演感満載(Baby Good!)。ツアー初日は身内ちゃんと連番できないから、ここで一緒にツアー始められたのが嬉しかった。
らぶの烈火、すとのじゃぽにかすたいる見られたこともあって完全に当たり回でした。
はまちゃんのお誕生日前日で、みんなで歌ってお祝いもできたし。内くん来たりもしたし。良いお年を〜って照史くんに言えたし。最高〜〜!
*5

 

 

昨年、こんなに運の良い年無いって言ったけど、今年の方がもっとずっと良い運でした。来年の方が本当に怖い。既にツアー落選してるし。

 

本音を言うなら、らぶクリエにもらぶ単独ライブにも嵐さんにも今年のカウコンも本当に行きたかった。と思ってしまうけれど。

振り返ってみて、欲を言っちゃいけないなーと思いました。ジャニーズのみなさま、今年も幸せをたくさんありがとうございました!

 

来年こそお昼の番協当たりますように!(言霊)

*1:指ハートとウインク

*2:指差し→私?って確認→ピョンピョン跳ねて頭の上でマル。

*3:とか言いつつ、公演前に日本橋でやってた浅田真央ちゃんの衣装展に行って泣いたりはした

*4:前4列が潰しだった

*5:相変わらず抜け出せない3Fの呪い、いつ解けるんだろね?前には出て行けてるけどさ??笑